総量規制とその例外について

総量規制とは、個人の借入の合計額が年収の3分の1を超えると、原則として、新たな借入ができなくなるという規制です。
クレジットカードによるキャッシングに対しても、広く適用されます。
この規制の趣旨は、キャッシングを利用する人の収入や支払い能力に応じて、適当と思われる額にまで利用金額を制限し、その個人が多重債務者になることを防止するところにあります。
しかし、年収の3分の1という制限を厳格に適用すれば、それが足かせとなって、円滑な日常生活がおこなえないことになりかねません。
そこで、この規制の適用が除外される貸付や、例外的に認められる貸付があります。
例えば、除外される貸付に、自動車購入時の自動車担保貸付があります。そして、例外となる貸付には、緊急の医療費の貸付けがあります。